Learning Tools Interoperability Learning Tools Interoperability

LTI v1.3 と LTI Advantage

メンバーリソース 公開ドキュメント 背景

概要

LTI Advantage は、今IMSメンバーが利用できるようになりました。新しいコアバージョンと高価値の拡張機能パッケージは、業界のベストプラクティスのセキュリティ改善にLTIを合わせ、学習プラットフォームとツールとの間で利用可能な豊富な統合を追求するために、既存のサービスや新しいサービスのために前方に明確なパスを提供します。ここでは LTI v1.3での新機能をざっと見てみましょう。:
  • IMSセキュリティフレームワーク仕様のご紹介は、OAuth2およびJSON Web Token に基にして、セキュリティを向上させます。
  • 改良されたドキュメントや移行の手引きは、基本的なローンチという利点から、LTIが可能なフルスイートへ市場を動かす助けになります。
  • LTI Advantage のサービスとextensionsの連携は、デジタルエコシステムを完全に統合し、革新的にすることができます。

LTI Advantageは LTI v1.3の上に構築されたキーとなるLTI のextensionsのパッケージです。LTI Advantage は、ユーザー名とロールのプロビジョニングなどの教育と学習活動をサポートする機能を実装し、そのツールがインテリジェントに起動時に学習者に対処し、プラットフォームからアセスメントツールに割り当てを共有し、そのスコアを中心になるgradebookに格納します。 LTI Advantage を知ろうビデオをご覧ください。

LTI Extensions Build on Core LTI

 

推奨しているLTI 採用ロードマップをクリックしてください

 

メンバーリソース (ログインが必要です)

LTI Core の仕様

  • LTI v1.3 - 最終候補版 (2019年1月14日更新)

LTI Advantage の仕様

NEW LTI v1.3とLTI Advantage のリファレンス実装

  • リファレンス実装(RI) - サービスとメッセージの完全なセットを提供するプラットフォームとツールを使用して、LTIのバージョン1.3およびLTI Advantage を実装する際に、IMSのメンバーは今、あなたの製品(複数可)をテストすることができます。 基本的な機能を備えたテストツールの 公開バージョンも入手可能です。 (Rubyで書かれた)リファレンス実装のソースコードもIMS の Contributing Members に提供されています。 あなたが Contributing Member で、アクセスをご希望の場合は、お問い合わせください。
  • LTI Advantage 認証に関するFAQ

追加されたLTI Extensions

IMS全体のセキュリティフレームワーク

 

公開ドキュメントとリソース

NEW LTI v1.3のリファレンス実装

  • リファレンス実装 - LTI v1.3のを実装する場合、製品(複数可)をテストするための基本的な機能を備えたプラットフォームとツールを提供します。 LTI Advantage のサービスおよびメッセージタイプのフルセット付きのテストツールの拡張バージョンは、IMSのメンバーに提供されています。

現在のバージョンの仕様書

以前のバージョンの仕様書

 

LTI の概要

IMS の Learning Tools Interoperability(LTI)標準は、オンプレミスあるいはクラウドにある学習アプリケーションと学習管理システム(LMS)のようなプラットフォーム付きのツールや、ポータルと学習コンテンツのリポジトリを安全で高価なカスタムプログラミングを必要としない標準的な方法で、簡単かつ安全に、接続する方法を規定します。あなたがインタラクティブな評価アプリケーションや仮想化学実験室を持っている場合は、LTIを使用して、数回のクリックであなたのLMSに安全に接続することができます。LTIは、中心になるコアとオプション機能を追加するためのオプションのextensionsで構成されています。LTI コアは、セキュアな接続を確立し、extensionsが評価ツールとあなたのLMSのgradebookとの間の課題と成績データの交換などの機能を追加しながら、ツールの信憑性を確認しました。 

お使いの製品は、IMS Global に認証されていますか?

IMS Global は、特定の規格や標準の機能に準拠し、製品を認証するテストプログラムを持っています。 技術サプライヤーにとって、IMS Global の認証プロセスへの参加は、製品の統合を達成するための最速かつ最も費用対効果の高い方法です。 教育機関にとって、あなたの教育技術のツールが、IMS Global に認証されていることを保証することは、あなたのツールやコンテンツが、シームレスに連携することができ、あなたに多くの選択肢を与え、また総所有コストを削減して、プラグアンドプレイのエコシステムを確立するための最良の方法になります。 IMS Globalの メンバー は、認証適合を完了する前に、標準を実装するための専門的なサポートにアクセスすることができます。  認証のメリットを活用して開始するためには、こちらをご覧ください。

あなたが利用できるリソースの完全なリストを表示するには、最初にサイトにログインすることを忘れないでください。 一部のリソースは、IMSグローバルメンバーのみ使用可能です。 もしあなたがIMSグローバルメンバーで、ログインアカウントをお持ちでない場合は、 ここで作成することができます。あなたが必要なものを見つけることができない場合は、フォーラムにメッセージを投稿してみてください。

こちらもご参照ください。

以下の仕様にご興味があるかもしれません。:

Program Manager's Update[ view all... ]

Test Suites/ Validators [ view all... ]

Product Roadmap[ view all... ]

Tutorials and Guides [ view all... ]

Best Practices [ view all... ]

RFP Guidance and Checklists [ view all... ]