Sharebar?

変化がやってくる

IMS Global CEO Rob Abelロブ・アベル教育学博士 | 2020年6月

「変化がやってくる」- サム・クック

COVID-19および社会における平等を求める新たな緊急の呼びかけの前に、2020年に入ると、equity, agency, and mastery(エクイティ、エージェンシーとマスタリー、《平等、代理機関、および習得》)がIMSグローバルの新しい行動の呼びかけであり、2020年5月のラーニングインパクト・カンファレンスのテーマでした。

先月の投稿では、ラーニングインパクト2020オンデマンドシリーズのために実施した一連のインタビューとパネルからの重要なポイントのいくつかをレビューしました。パンデミックのピボットから遠隔教育、そして不平等に対する統一された対応に私たちが学んでいることは、平等、代理機関、および習得が、IMSコミュニティ全体のリーダーとして立ちたいものであることを再確認していることを強く感じます。

私にとって、過去10年間で最もよく使用されているマントラ(サンスクリット語で「言葉」の意)の1つである生徒の成功は、根本的な原因よりも症状に注目するフレーズです。また、100年以上の実行後にできる限りのことを行ったと思われる卒業証書/学位産業モデルを主な目標として設定します。もう1つのよく使われるフレーズであるパーソナライズされた学習は、教育の観点から差別化された学習を超えるものの、ほとんど何でも意味するようになりました。 2007年、IMSがラーニングインパクトアワード・プログラムを開始したとき、アクセス、手頃な価格、品質の「鉄の三角形」と呼ばれるものをインパクトの主要な基準として採用しました。三角形の目標は3つすべてを同時に改善することでしたが、これらのパラメーターをトレードオフする傾向のある主な教育提供モデルに関してほとんど変更がなかったため、今日でもなお私たちは逃れています。

将来に向けて、平等、代理機関、習得が幼稚園、小中高校、企業の教育全体で説得力のある焦点となっているのはなぜでしょうか?まず、私たちは、社会のニーズに向けて教育モデルを進化させることに上手にならなければならないことを知っています。したがって、改善したい分野、できれば教育制度の変革につながる柱となる分野について、より明確に考える必要があります。

教育機会の平等は、社会正義への呼びかけであるだけでなく、サービスが行き届いていない地域全体で成長を可能にするための鍵となります。多くの人が、家庭で働く人口の割合が増えるにつれ、パンデミックがサービス不足の地域での経済を可能にするために改善された技術インフラに拍車をかけると信じています。

生徒の代理機関を増やすことは、より信頼性が高く関連性のある教育体験の副産物です。生徒の現実の課題、質問、興味につながる教育体験が、生徒の成功と社会的成功の可能性を開くことを繰り返し学びました。

習得は、生徒が学んだことと彼らに何ができるかにより焦点を当てることを強調しています。現在の筆記録と評価へのアプローチは、より良い教育につながらない自己強化サイクルを作り出しました。代わりに、それはバックミラーを見ながら前進しようとしています。

最も重要なのは、平等、代理機関、および習得が協調して機能できることです。これは、鉄の三角形の対立する勢力とは大きく異なります。公平な機会はエージェンシーを可能にし、それが今度は支配に焦点を当てることを可能にし、そして支配のより良い定義は平等を可能にする。

来月は、COVID-19の結果として加速した相互運用性の領域と、それらが平等、代理機関、習得とどのように関連しているかについて説明します。その間、私の良き友人でありメンターでもあるバーニー・ラスキンの「何かを変えたいなら、実際に何かを変える必要がある」という言葉を思い出します。時々、異常な出来事は私たちがもっと良くしなければならないことを思い出させます。サム・クックが1964年にこのブログのタイトルで引用している曲を書いたことに注目してください。社会と教育において、私たちはもっとうまくやれるはずです。