IMS Japan Society

IMS Jaman Society

個別指導計画(IEP)を超えて:AccessForAll標準を活用してオンラインテストに対応(日本語訳)

トーマス・ホフマン2020年5月27日|アセスメントテクノロジー、高等教育、K-12

過去には、学生はそれぞれの個別指導計画(IEP)または特定の診断を説明する同様の規則を持っていました。IEPが特定の学習およびテスト環境の対応策を記載していたとしても、それらは「人間が読める」指示にすぎなかった可能性があります。

オンライン診断の場合、これは問題となる可能性があります。配信システムは、単に診断に基づいて個々の受験者の特定のニーズや好みを理解できないためです。

何をするか教えてください
失読症などの特定の診断に基づいてコンピューターがニーズについてインテリジェントな決定を下しても、どのサポートツールが最も役立つか、またはツールに精通しているかどうかを知ることができませんでした。人は複雑です– 問題を診断できる場合でも、通常、特定の問題には幅広い機能があり、複数の問題がある場合はさらに複雑になります。

オンライン評価システムは、インターフェイスのアクセシビリティを向上させ、それらを必要とする受験者にサポートツールを提供する必要があります。開発者はオンラインサポートツールをより普遍的に設計するようになり(オンラインテストの障壁を取り除くことに関する最近のブログを参照)、受験者のニーズを満たす方法として特定の配慮サポートツールの割り当てがより一般的になりました。それらのコンピューターシステムは、具体的に何をすべきかを伝える必要があります。

スクリーンリーダーなどの支援技術のユーザーは、ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドラインに準拠してオンライン評価システムにアクセスできる必要がありますが、多くのK-12プログラムは、コンピューターインターフェイスがサポートを必要とする特定の受験者にのみ提供できる個別のテスト環境を提供します。

オンラインのアクセシビリティと配慮の例は次のとおりです。

追加のテスト時間と中断を考慮
テストの筆記言語と一緒に手話の翻訳を提供する
組み込みのテキスト読み上げツールへのアクセス(コンピューターが読み上げることもあります)
受験者にテキストコンテンツのサイズ、外観、間隔、色を調整させる
キーボードの指示や触覚の向きなど、目の不自由なユーザー向けの補足コンテンツ
すべてのコンテンツの翻訳、または特定のキーワードの翻訳の提供
言語学習者のための追加の言語サポート
IEPを超えて:AccessForAll標準
IMSグローバルコンソーシアムには、2003年以降、AccessForAll標準に参加しているメンバーがいます。2009年のAccessible Portable Item Protocol(APIP)の開発、および最新のQuestion and Test Interoperability(QTI)バージョン3により、AccessForAllは特定の標準化された受験者に公開する機能とツールをサポートする評価システムに伝えるための語彙。

これには、教育者、受験者、およびそのエージェントが、テスト前に受験者に提供するツールについて決定を下す必要があります。機能選択のセットは「個人のニーズと選択」(PNP)と呼ばれ、名簿システム内の受験者に関連付けることができます。

世界の一部の地域では、この種の情報を個人に記録することが許可されていません。受験者は、テストセッションを開始する前に自分でこれらの選択を行う必要があります。

どちらの場合でも、教育者は学生と協力して、テスト中に気を散らすのではなく、どのツールが実際に役立つかについて情報に基づいた選択を行えるようにする必要があります。

より多くの受験者のためのより多くのアクセス
教育者は、問題を説明するのではなく、ソリューションを割り当てることができます。これにより、評価中にサポートツールを受け取る人と受けない人の制限が緩和されました。安価なツールを簡単に入手できる場合は、学校のシステムが生徒に配慮を提供できる可能性が高く、テストの対象に関する受験者の能力をよりよく測定できるようになります。

IEPは依然として学生にとって重要ですが、オンライン受験者にサポートを提供する効果的な方法ではありません。特定の診断を受けた一部の人に有効なものは、他の人には有効でない場合があります。柔軟なソリューションの範囲を持つことによってのみ、私たちはすべての人々にアクセスを提供できます。