Sharebar?

バッジ統合タスクフォース

 

 

バッジ統合タスクフォース

このタスクフォースは、バッジプラットフォームと他の教育技術システムとの統合を改善するための推奨事項を特定します。

教育機関がデジタルバッジプラットフォームを採用するにつれて、一部のユーザーは、既存の教育および管理プロセスとテクノロジーに新しいシステムを組み込むことの非効率性を経験し始めています。教師は、学習管理システムまたは評価システムで追跡された生徒の成績に基づいて、バッジを自動的に授与したいと考えています。管理者は、学業名誉、特別プログラム修了、その他の識別子など、学生情報システムに通常保存されている基準に基づいてバッジを授与したいと考えています。学生はバッジを獲得するための証拠としてコースワークを提出したい場合があります。

データの相互運用性とシステム統合(特にLMS、SIS、およびバッジプラットフォーム間)は、効率を改善し、データの整合性を確保するために必要な重要な進歩です。

電話会議: 

10月25日水曜日

会議リンク:https://imsglobal.webex.com/imsglobal/j.php?MTID=md4ea46f172df8cd6a650527e7dd22bd7 会議パスワード:IMSbadges音声接続:1-650-479-3207コールイントール番号(米国/カナダ)。アクセスコード:859 749 863

フォーラム: フォーラムに参加 して、ワークグループの電話会議の議事録と議題を見つけてください。また、作業に関するディスカッションに参加して、サポートに関する質問をすることもできます。
議長: ジェフ・ボーラー、ファシリテーター