Sharebar?

電車が来るのが聞こえる

IMS Global CEO Rob Abelロブ・アベル教育学博士 | 2020年7月

「電車が来るのが聞こえる」- ジミ・ヘンドリックス

現状を変えることは難しい。持続可能な方法で現状を変えることはさらに困難です。

過去20年以上にわたるIMSメンバーの活動によって、いくつかの非常に基本的なことが持続可能な方法で変化したことを私は考えたいと思いますし、示すべき良い証拠があると思います。この種の影響が発生したのは、テクノロジーと教育モデルの進歩がどのように交差するかについて、IMSメンバーが先を見通すことができたためだと思います。近年、edtechの「エコシステム」という言葉は、エンドユーザーの利益のために製品が適切に連携して確実に機能するという点で非常に具体的なものを意味するように洗練されてきました。今後もこのスレッドを継続する予定です。それでも、前回の投稿と最近のIMSアニュアルレポートの紹介で述べたように、「パーソナライズされた学習」と「学生の成功」という用語をより具体的にするようになりました。私たちの出発点は、エクイティ、エージェンシーおよびマスタリー(平等、代理機関、および習得)のより具体的な目標です。

この投稿では、エクイティ、エージェンシーおよびマスタリーの基盤を築く上で私たちが見ている実際的な進歩のいくつかについて掘り下げていきたいと思います。長い道のりと今後の議論ですが、私たちは皆、将来が具体化するのを見始めることができると思います。

まず、注意。はい、いくつかの特定の戦略と修正がCOVID-19の「通過」に役立ちました。一般に、思慮深いデジタル教育と学習を強化するという点で最善を尽くした学区と大学は、すでに数年にわたって彼らのデジタルエコシステムに取り組んできました。広範で持続可能なエコシステムを導入しても、それ以上の費用はかかりません。実際、正しい方法で行うことで、多くのコストを削減できます。しかし、それには、教育の目標、進化へのアプローチなどに関して十分に検討された戦略が必要です。また、これらの戦略には、IT、カリキュラム、および教育を横断するリーダーシップが必要です。再設計には戦略、リーダーシップ、実装に時間がかかるという近道はありません。これは、長年の経験に基づくIMSの仕事からの最も重要な学習だと思います。

したがって、その警告を踏まえて、COVIDの期間中およびそれ以降に、エクイティ、エージェンシーおよびマスタリーを可能にするエコシステムの設計に向けた具体的なステップに関して、私たちは何を見ていますか?

エクイティから始めましょう。教育における平等の一般的に受け入れられている意味は、すべての生徒のすべての教育経験が同じまたは同等であるのではなく、教育経験が生徒が自分の願望を達成するのを助けるために、それぞれの生徒に合わせるということです。 IMSは、教育の平等に関するすべての問題を解決することはできません。しかし、IMSは尋ねることができます、

「デジタル教育エコシステムが平等を可能にし、サポートすることは何を意味するのですか?」

IMSでは、エクイティの最初の基盤は、すべての生徒と教職員が利用できる広範で多様なデジタルカリキュラムとサポートリソース(図書館リソースなど)であるように見えます。最近のラーニングインパクトオンデマンドシリーズでは、シカゴ公立学校でデジタルエクイティの基盤を確立するための進行中の作業を取り上げています。主要な機能は、学校全体、理想的には各生徒のニーズを満たすように地元の学校レベルでカスタマイズできる標準に合わせた質の高いカリキュラムへの学区全体のアクセスが保証されていることです。したがって、地元の教員はカリキュラムを最初から作成する負担がなく、現地のニーズに合わせて現地の理解を適用できます。このプログラムは完全にIMS標準に基づいており、さまざまなカリキュラムのサポートを可能にし、多くのサプライヤーにわたる製品をサポートしています。シカゴでの作業はまだ始まったばかりであり、中央とローカルの制御間の相互作用の進化は、その成功にとって重要です。

また、デジタルリソースへのアクセスを保証する出版社からの革新的な提供を通じて、高等教育でもやや類似した傾向が見られます。 センゲージはこのトレンドのリーダーです。 センゲージは、コースレベルの包括的アクセスをサポートし、コースのすべての学生がデイワン(第一日目)にデジタルを達成できるようにするだけでなく、「センゲージ・アンリミテッド」を提供して、すべての学生がデジタルリソースの膨大なライブラリにアクセスできるようにします。 バイタルソースからデジタル教科書へのアクセスを迅速に拡大する(統合とデータのためにIMS標準を広範囲に利用する)カリフォルニア大学デービス校のCOVIDエクスペリエンスは、珍しくありません。これは、高度に分散した学生集団へのアクセスをスケーリングするための別のモデルを提供します。

重要なことに、エクイティの考え方は、関係する情報源や距離に関係なく、適切な教育経験を学生に提供できるように機能するということです。 COVID-19は、プライマリーモードとして遠隔教育に取り組む機会を提供しています。 センゲージのCTOであるジョージ・ムーアとの最近のリーダーシップインタビューで、彼はモダリティが完全にオンラインに切り替わったときのいくつかの課題について詳しく説明しています。帯域幅は、デジタルエクイティを達成するための唯一の課題であるとしばしば考えています。それでも、ID、プライバシー、セキュリティをサポートする機能など、ジョージが指摘する他の方法があります。ジョージが解明するこれらの問題やその他の問題は、オープンスタンダードに基づいてedtechエコシステムで共同作業を続けることで解決できます。しかし、私たちが一緒に作業しなければ、かなり時間がかかり、おそらく大規模なものに達することはありません。

前回の投稿で述べたように、エクイティ、エージェンシー、およびマスタリーは協調して機能します。これらは互いに強化し、可能にします。エクイティな機会はエージェンシーを可能にし、それが今度はマスタリーに焦点を当てることを可能にし、そしてマスタリーのより良い定義はエクイティを可能にする。来月の記事では、エージェンシーとマスタリーのためのエコシステム基盤を開発するトレンドについて引き続き議論します。