IMS Japan Society

IMS Jaman Society

IMSグローバルラーニングコンソーシアムが2020ラーニングインパクトアワードの受賞者を発表(日本語訳)

毎年恒例のプログラムは、教育におけるデジタルトランスフォーメーションに現実世界のソリューションを提供する革新的な教育技術を認めています

レイクメアリー、フロリダ州、2020年6月4日—世界をリードする非営利コラボレーティブアドバンスド教育テクノロジーインパクトであるIMSグローバルラーニングコンソーシアム(IMS Global / IMS)は、本日、ラーニングインパクトアワード2020コンテストの優勝プロジェクトを発表しました。

IMSラーニングインパクトアワードは、革新的な教育と学習ソリューションの融合と、教育の成果を向上させるためのデジタル変革のための大胆な戦略を称えています。勝者は、各プロジェクトのプレゼンテーションを観察および評価する専門家のパネルと、edtechコミュニティ全体で投票されます。

23組のファイナリストの中から、K-12、高等教育、または生涯学習におけるパーソナライズされた学習、教育機関のパフォーマンス、またはデジタル学習エコシステムに大きな影響を与える8つのプロジェクトが選択されました。今年のメダリストは、エクストリームラボおよび南アルバータ工科大学、テーフNSW、カリフォルニア大学バークレー校、 マジックボックス、 プレイポジット、フロリダ・バーチャルスクール、ブロワード郡公立学校およびパブリック・コンサルティング・グループ、キャッチオンおよびマシュピー公立学校です。

2020年のプラチナメダル

  • 『ファースト‐トラック IT プログラムのためのデジタル・ハンズオン学習ラボ』 — エクストリームラボおよび南アルバータ工科大学(SAIT) (ビデオ、ペーパー)
  • 『職業訓練におけるVR:有効性と効果の評価』 — テーフNSW(ビデオ、ペーパー)

2020年の金メダル

  • 『バークレー・オンライン・アドバイシング(BOA):学生の成功のためのデータ変換』 — カリフォルニア大学バークレー校 バークレー・オンライン・アドバイシング(BOA):研究教育と学習(ビデオ、ペーパー)
  • 『マジックボックス』 — 学生の成功のためのデジタル教育ソリューション - マジックボックス(ビデオ、ペーパー)

2020年の銀メダル

  • 『再考されたインタラクティブビデオ』— プレイポジット(ビデオ、ペーパー)
  • Simply Speak — シンプリースピーックとフロリダ・バーチャルスクール(ビデオ、ペーパー)

2020年の銅メダル

  • 『ブロワードオープンCLRラボ』 — パブリック・コンサルティング・グループとブロワード郡公立学校(ビデオ、ペーパー)
  • 『実用的なデータを活用して学習環境を変革および保護』 — キャッチオンおよびマシュピー公立学校(ビデオ、ペーパー)

2020年の名誉ある言及

  • 『ACE(アメリカ教育評議会)とクレッドリーは、標準ベースのデジタル資格情報を使用して、雇用主主導の学習とアカデミッククレジットのギャップを埋める』 — クレッドリーおよびACE(アメリカ教育評議会)(ビデオ、ペーパー)
  • 『達成』— マクミラン・ラーニング(ビデオ、ペーパー)
  • 『ベルナリージョ公立学校とIステーション』 —Iステーションおよびベルナリージョ公立学校(ビデオ、ペーパー
  • 『影響の大きい学習体験のための積み重ね可能な資格としてのBlockcerts』 — ハイランド / ラーニンングマシーンおよびリーハイ大学(ビデオ、ペーパー)
  • 『Cal Polyデジタルトランスフォーメーション・ハブ』— Cal Polyデジタルトランスフォーメーションハブおよびカリフォルニアポリテクニック州立大学(ビデオ、ペーパー)
  • 『ウィリスクイズが、カタルーニャ大学(UOC)の新しい形成的評価パラダイムの構築にどのように貢献したか』— ウィリス(ビデオ、ペーパー)
  • 『議論を定量的に可視化する Hylable Discussion』— ハイラブル株式会社(ビデオ、ペーパー)
  • 『外国語の4技能を測定する大規模学力調査プラットフォーム』— 内田洋行教育総合研究所(ビデオ、ペーパー)
  • 『マインドフルネス・キャビン』— Instituto Tecnologico y de Estudios Superiores de Monterrey(ビデオ、ペーパー)
  • 『AI模試「未来問」~AIによる国家試験問題予測サービス~』— 株式会社サイトビジット(ビデオ、ペーパー)
  • 『私の質素な物語と質素な経験の記録』— ミシガン州立大学(ビデオ、ペーパー)
  • 『オンラインラーニングはサウスカロライナ州の農村部に厳格で公平な学習機会を提供します』— Apexラーニングとスパルタンバーグ郡学区1(ビデオ、ペーパー)
  • 『Squirrel AIインテリジェント適応学習システム』— Squirrel AI ラーニング(ビデオ、ペーパー)
  • 『Tec Now』 —Tecnológicode Monterrey(ビデオ、ペーパー)
  • 『語彙の進行』— ウェイサイド出版(ビデオ、ペーパー)

すべての最終プロジェクトの傾向の概要と分析は、IMSラーニングインパクトレポートに毎年表示されます。 2020年のレポートは秋にリリースされます。 2021年のコンテストのノミネート期間は1月に始まります。

IMSラーニングインパクトアワードの詳細については、imsglobal.org / liaをご覧ください。

IMSグローバルラーニングコンソーシアムについて
IMSグローバルラーニングコンソーシアムは、教育の参加と達成を手頃な価格で拡大および改善するためのテクノロジーを進歩させる非営利組織です。 IMSメンバーは、主要なサプライヤー、高等教育機関、幼稚園、高校、および政府機関であり、相互運用性と導入の取り組みで協力することにより、より良い教育と学習を可能にしています。 IMSは、教育技術の未来を形作るためのリーダーシップとアイデアを開発しながら、革新的なテクノロジーが教育のアクセス、手頃な価格、品質に与える影響を認識することに焦点を当てた年次ラーニングインパクトプログラムを後援しています。