IMS Japan Society

IMS Jaman Society

Rob Abel博士(教育学)からのCEOメッセージ

2018年7月16日

"Here, there and everywhere" - The Beatles

interoperability(インターオペラビリティ、相互運用性)は、たった16文字、8音節の言葉ですが、大きな意味を持つ言葉です。近年いくつかのサークルにおいては、interoperabilityが非常に流行しています。なぜなら、教師と学習者が容易に連携し、有益なデータを提供できる多くの製品を必要としていることが明らかになってきたからです。

しかしながら、直近2018年のLILI(Learning Impact Leadership Institute)において議論されたように、interoperabilityともう少し短い言葉であるstandard(標準)には重要な相違があります。標準は、edtech(エドテック)のイノベーションにおいて、コストダウンを図り、価値を高め、スケーラビリティを達成することです。

ソフトウェアの相互運用を行っていくには、魔法はありません。それは非常に長い時間をかけて行われてきました。ここ数年、略語である「API」(本当に、本当に長い間使われてきたもう一つの技術である)は、究極のinteroperabilityとして、位置付けられてきました。そして、実際にRESTfulというwebコンポーネント・サービスの出現によって特に、以前にそういうフレームワークが存在していたころよりも、ソフトウェアの交換を記述したり、理解することが格段に容易になりました。

しかしながら、標準化されていないAPI経由の相互運用性はちょうどバベルの塔のようなものです。それぞれのアプリケーションは、対となるアプリケーションのAPIを理解しなければなりません。統合する複雑さやコストは、製品が接続する数の2乗ずつ増加していきます。これは、もちろん、接続規模の複雑さを軽減するために、ネットワークが作られた理由でもあります。ネットワークは、もちろん、標準を元に構築されています。標準のないネットワークは不可能です。標準は、同じプロトコルあるいはAPIを使う人達の契約書であり、これは、以前は無理であった規模のものを可能にし、複雑さやコストを低下させるものです。

それで、標準はゴールということだけではなくて、費用対効果の高い有効性や、スケーラブルな相互運用可能なエコシステムです。

しかし、もう一つの少し長い単語であるubiquitous(ユビキタス)も動き始めています。OK、音節はたくさんありますが、文字数は10文字です。ubiquitousは、おおよそavailable everywhere(どこでも利用できる)という意味です。

ユビキタスではない標準は、ニッチ指向であり、あるいは、私が言うことが好きなように、実験です。すべての標準は、限られたものを採用してスタートします。しかし、標準はユビキタスを目指さない限り、標準はコストの削減や望まれる拡大を達成するこことはできません。

IMSにおいて、IMSメンバーは、標準を作ることと、その標準をユビキタスに到達させることの責任者です。要するに、私たちは、最初に重要な課題を解決する偉大な標準を作らなければなりません。そして、それから私たちは偉大な標準を求める必要があり、私たちはそれらを手に入れることを確認する必要があります。

IMSは、テクノロジーと普及活動に投資を行っています。そして、それはユビキタスに到達することをより簡単にするでしょう。LILI 2018において、私たちは、3つのプレスリリースを発表しました。すべて、同じテーマです。LTI Advantage Early Adopters、1EdTech Ecosystem Initiative、そしてCASE 50-State Registryです。

これらの投資はすべて成果を上げるまでに時間を要するでしょうが、私たちが目指しているedteckの規模 とイノベーションを可能する標準に、ユビキタスを採用するという非常に具体的な目標に向けて、すべてが一致していることを皆様方にお知らせしたいと思います。

これを現実のものにしていただいたすべてのIMSメンバーに感謝をしたいと思います。また、Shaping the Ubiquitous Educational Technology Innovation Ecosystem(ユビキタス教育技術イノベーション・エコシステムの形成)は、非常にユニークですが、極めて重要な目標に向かって、毎日具体的な対策を講じられている皆様方にも少し余分に感謝をしたいと思います。

詳しくはIMS Globalのページをご参照ください。(IMS Globalの会員のみが閲覧可能です。)

THE COMMUNITY DISPATCH Member eNewsletter 2018