IMS Japan Society

IMS Jaman Society

IMSグローバル・ラーニング・コンソーシアムより

2018年10月21日

IMSはいかにより良いデジタル学習体験を可能にするのか?。

circle-icons_07
circle-icons_plug
circle-icons_05
デジタル変換戦略
シームレスなプラグ&プレイの統合
アジャイルオープンアーキテクチャと広範なエコシステム
持続可能な進歩により、より早く将来に向かうことを意味します。
より良いユーザーエクスペリエンスを生み出し、より大きな教育的な洞察を可能にします。
柔軟性、効率性、選択肢を可能にします。
続きを読む
続きを読む
続きを読む

なぜIMSイノベーション革命に加わることが理にかなっているのか?

私たちは一緒にエドテックの未来にもっと早く到達できます!

IMSグローバルは、エドテックの相互運用性、革新性、および学習上の影響を促進する、世界をリードする非営利団体です。 IMSはプラグアンドプレイアーキテクチャとエコシステムを可能にし、革新的な製品を素早く展開してシームレスに連携させる基盤を提供します。 IMS会員サプライヤーはイノベーションのマーケット・リーダーです。 IMS加盟機関は、デジタル学習の未来をより早く得ようとしています。 IMSの認証は、インストラクター、学生、および機関の利益のために協力し合う革新的な製品を創造する信頼と献身の絆です。

IMS Ed Tech Revolutionに参加する

network-chart1_0

お客様の声

「公開されたエコシステムに埋め込まれたオープンな技術は、教師や学習者にとってより良い成果をもたらします。これらの標準が可能にするオープンな標準と教育エコシステムがなければ、ユーザーのニーズを満たすことができませんでした。 IMS Globalはこれらのオープンスタンダードを醸成し、教育イノベーションを強化し、私たちはIMSグローバルとの継続的な作業と協力を非常に誇りに思っています。」 「サードパーティのコンテンツプロバイダーとLMSとの統合には3ヶ月かかりました。私たちのコンテンツプロバイダーにIMS学習ツールの相互運用性標準を適用するよう要求したのち、統合時間はわずか3営業日に短縮され、統合あたり約4万ドルのコスト削減をもたらしました。」 「ボルチモア郡公立学校(BCPS)は、BCPS Oneと呼ばれるデジタルエコシステムを実装しています。1万人以上の教育者、114,000人の学生、20,000人のスタッフ全員が、いつでもどこでも利用できます。 Learning Tool Interoperability(LTI)、Thin Common Cartridge、QTI(Question and Test Interoperability)などのIMS Global Learning Consortium標準を使用して、BCPSは、アクセスと使用を容易にするために別々のソフトウェアシステムを1つのシームレスな環境に統合します。」
Melissa Loble(メリッサ・ロブレ)

副社長、プラットフォーム&パートナーシップ、インストラクション
Paul Czarapata、Ed.D.(ポール・チャラパタ教育学博士)

Kentucky Community&Technical College System(ケンタッキー・コミュニティ&テクニカル・カレッジ・システム)副社長兼最高情報責任者
Jeanne Imbriale(ジャンヌ・インブリアール)

ボルティモア郡公立学校のエンタープライズアプリケーションオフィスのディレクター

Contributing Member Institutions
(機関の貢献メンバー)
Contributing Member Suppliers
(サプライヤーの貢献メンバー)

全475のIMS会員組織を見る

基礎的で完全なセットに焦点を当てる
「イニシアティブ」は、
教育機関が現在および将来のデジタルテクノロジーの利点を十分に活用できるようにします。

デジタル・クレデンシャル&パス 学習データと分析 インテグレーテッド・アセスメント 学習プラットフォーム、アプリケーション、ツール アダプティブ・デジタル・カリキュラム
デジタル・クレデンシャルは、エビデンスベースのスキルと成果を生涯学習者がコントロールできるようにし、標準ベースで、コンピテンシーベースの学習への移行を支援することにより、教育と専門的な開発についての考え方を再構築しています。 ダッシュボードを使用してリアルタイムで利用可能なすべてのデジタルリソースからのクリックストリーム学習データは、学生の成功戦略、学術的意思決定、教育デザインに役立ち、学生の学習に関する研究のための共通データフォーマットを提供します。 アクセシビリティに優れ、適応性があり、整合性のために保護された高品質の革新的なデジタルアセスメントは、教育と学習プロセスを補完し、効果的な介入と継続的な改善を可能にします。 すべてのデジタルコンテンツ、学習ツール、および評価製品を教育機関のデジタル学習環境にスケーラブルかつシームレスかつ安全に統合することは、次世代の教育と学習をサポートする最も効果的な方法です。 異なるソースからコンテンツを学習し、デジタルリソースの管理を合理化することは、貴重な時間を節約し、より良い学習体験をもたらすより大きな選択肢と柔軟性を提供します。
・コンピテンシーと学術規格交換(CASE)

・包括的な学習者の記録

・Open Badges
・OneRoster

・Caliper Analytics

・プライバシーとセキュリティ
・質問とテストの相互運用性(QTI)

・アクセス可能ポータブルアイテムプロトコル(APIP)

・コンピュータ適応テスト ・プロクターサービス
・教育的なアプリケーションの審査

・学習ツール相互運用性(LTI)

・LTI Advantage

・LTIリソース検索
・AccessForAll

・Common Cartridge

・EPUB for Education

・Open Video

IMSミーティング&ウェビナー

・2018年10月17日 - 午後2時?午後2時45分 あなたの地区がIMS GlobalのK-12革命プログラムでデジタル学習エコシステムを進歩させる最善の道を見つける

・2018年10月25日 - 午前12時 IMSの仕様開発と実装のブリーフィング:LTIの利点

・2018年10月25日 - 午後1時 Google for EducationとLMSとさらにGDPRを併用について:K-12ではどういう意味になりますか?

・2018年10月30日 - 午後12時から午後4時 IMS会員向けEDUCAUSEワークショップ

IMS on the Road ニュース
2018年10月17日 - 午後2時?午後2時45分
あなたの地区がIMS GlobalのK-12革命プログラムでデジタル学習エコシステムを進歩させる最善の道を見つける
Webinarシリーズ:K-12 Digital Learning Revolution

2018年10月25日 - 午前12時
IMSの仕様開発と実装のブリーフィング:LTIの利点

2018年10月25日 - 午後1時
Google for EducationとLMSを併用すると、GDPR:K-12はどういう意味ですか?

2018年10月30日?2018年11月2日
EDUCAUSE 2018 コロラド州デンバー
EDUCAUSE年次総会

すべてのイベントを見る
・ニュージーランドのマイクロクレデンシャル(記録ウェブセミナー)
・コミュニティ派遣:2018年9月
・効果的な学習エコシステムを構築する方法
・教育はテクノロジーに追いつくことができますか?
・ベンチャーキャピタル企業、標準化団体、相互運用性をめぐるパートナーシップを築く
・Blackboard、オープンソース学習管理システムのRebrandを発表
・IBM DataとWatson TechnologiesとのコグニティブAIスクールになる(ウェブセミナー記録)

原文は下記をご参照ください。

https://www.imsglobal.org/