IMS Japan Society

お知らせ

「eラーニングアワード2019フォーラム」
「IMS Japan トラック」のご案内

2019年10月1日

テーマ : IMS Global 諸技術標準の最新動向

Society 5.0や人生100年時代にふさわしい新たな学習基盤が必要とされています。そこでは学習者中心の視点にたった、アクティブラーニング、パーソナル学習、生涯学習ポートフォリオ、デジタルバッジ(電子修了証)とマイクロクレデンシャルの実現が求められます。こうした学習基盤を持続可能な方法でもたらすのが「エコシステム」であり、そこでは相互運用性を保証する技術標準が不可欠です。


「IMS Japan トラック」
お申込み



白井 克彦氏
日本IMS協会 理事長
早稲田大学 名誉顧問

常盤 祐司氏
日本IMS協会 技術委員長
法政大学 教授

田中 頼人氏
サイバー大学 准教授

秦 隆博氏
デジタル・ナレッジ
執行役員

李 在範氏
ネットラーニングHD
副社長

永井 正一氏
インフォザイン
ディレクター

藤原 茂雄氏
内田洋行
IMS認定
訓練/実装支援管理士

「IMS Japan トラック」
お申込み


日時11月13日(水) 9:30~10:40
場所〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
ルームA
https://www.elearningawards.jp/access/

1.総括白井 克彦理事長
2.IMS Global 動向常盤 祐司 技術委員長
3.学習技術標準による教育学習データの活用:パネルディスカッション
-Digital Badges秦 隆博(デジタル・ナレッジ)
-OneRoster藤原 茂雄(IMS 認定 訓練/実装支援管理士)
-Caliper李 在範(IMS 認定 訓練/実装支援管理士)
-LTI田中 頼人(サイバー大学)
-QTI永井 正一(インフォザイン)


「IMS Japan トラック」
お申込み


お問い合わせはこちらまで。

contact@imsjapan.org