IMS Japan Society

お知らせ

★おめでとうございます! IMS Japan賞発表★

2018年11月21日

2018年11月14日 御茶ノ水ソラシティホールにて開催されましたeラーニングアワードにて、IMS Japan賞2018の表彰式を行いました。のべ50団体の応募から、見事、最優秀賞、優秀賞、審査委員奨励賞に以下の団体様が選出されました!


おめでとうございます!!

最優秀賞
株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
「KOOV for Enterprise ~ 探究心と創造力をあなたの教室に ~」

優秀賞
株式会社ネットラーニング
『“集合研修×IT”を実現する新しい統合プラットフォーム
「DynaSpace(ダイナスペース)」』


審査委員奨励賞
株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
「教育データネットワーク -ブロックチェーン技術による
成績証明・学習履歴記録サービス-」


審査委員奨励賞
保健医療経営大学、チエル株式会社、株式会社エデュプレイ
「LINE@を利用した学習環境」


第3回IMS Japan賞 授賞式の様子

20181121_1 20181121_2
20181121_3 20181121_4
20181121_5 20181121_6
20181121_7



■「IMS Japan賞」とは?
IMS Japan賞は、IMS Global Learning Consortium の Learning Impact Awar(LIA)に範をとり、テクノロジーの教育利用に多大な貢献のあった優れた事例を顕彰します。
製品やサービス(開発段階のプロトタイプを含む)を提供したベンダーばかりでなく、 それらを導入し革新的な実践を行った教育・訓練期間からの応募もその対象となります。
日本IMS協会としては、ベンダーと導入機関が密接な連携の下に応募することを期待します。